老後資金が心配・・・

老後資金というと、普通夫婦2人で平均寿命くらいまで生きるとなると、およそ8000万円という額が必要になってきます。8000万円と聞くとそんなお金用意できないと思われるかもしれませんが、年金などで賄うことは可能になっています。

さて、生涯独身を貫こうという場合、8000万円の半分で4000万円でいいと思うかもしれませんが、実際はそんな単純なものではないのです。大体、5000万円くらいはないと、余裕がないようなので注意が必要なのです。このように、働かなくなったあとでもお金は必要なので、老後資金についてもマネープランでは考えなければなりません。

まず、老後資金は年金だけではありませんので、年金以外の要素についても確認しておきましょう。退職金や保険の満期金、そして今までの貯蓄資金も老後資金に充てることはできますので、そういった資金もマネープランの中に取り入れていきましょう。そのため、老後資金を心配する前に、まずはそういったものの合計金額について確認できる金額は確認し、いくらもらえるか把握しておきましょう。

また、年金についても国民年金以外にも厚生年金や自分が個人的に入っている年金などもあるかと思われます。その辺りの年金の金額についても把握できるだけ把握しておかなければ、マネープランは上手く決められないのでご注意ください。

それほど心配しなくても年金などで支えられますので、老後資金は最低限の生活でしたら保つことができるのです。しかしながら、出来れば余裕があり豊かな老後生活を送りたいですし、独身の方はお金がないとしばしば不安な気持ちになってしまうでしょう。
そうしたことを防ぐためにも老後資金については十分な金額を準備しておくことが重要です。

Comments are closed.