起業という選択肢

ビジネスウーマン・二人会社に就業していると給与をもらうことができますね。
我々の生活はこの給与を中心として形成されているため、会社からお金がもらえなくなったら困るという方も多いでしょう。
しかしながら、そういった考え方をしていると、いつの間にか自分が会社に対して払っている代償について忘れがちです。我々は会社から報酬という形で給与をもらう代わりに、時間や自分の能力、そして自己にかかるストレスに耐える力を代償として支払っているのです。
このことを忘れてしまいますと、不当な扱いを受けていたとしてもそれに気づけなくなってしまうのです。

 

本来でしたら自分の貴重な時間、自分のために使いたい能力、そして回避すべきストレスなどに見合った待遇を受けたいところですが、中々そうも言ってられない世の中になってきました。そうした点がどうしても納得できないという方は、起業という選択肢を選びましょう。

 

起業でしたら、全てが自己責任ですので、自分の時間、能力、ストレスに耐える力を他人に払わなくてもいいのです。ただ、自分自身でその代償を消化していかなければならないので、最初のうちは苦しいでしょう。
しかし、自分の時間、能力、ストレスに耐える力以上の報酬を生み出せるようになれば、会社に勤めているより自分の可能性を高めていくことが可能です。また、自分の能力などが上昇していけば、時間やストレスに耐える力に関しては徐々に消費を抑えられますので、負担が軽減されていくのです。

 

以上のように、起業することで、自分の支払う代償以上の対価を生み出せるようになる可能性もありますので、起業という選択肢を勇気を出して選ぶのもありです。ただ、なんの考えもなしに自分の能力以上のことをしようとしても全くできませんので、そういった方にはあまりお勧めできません。

Comments are closed.