ひとりと決めた今からできること

男性も女性も昭和時代に比べれば、結婚をせず一生を独身で生き抜くという決意を持たれる方も多くなってきました。
国としては、若年層が生まれなくなるためそういった風潮は本来でしたら好ましくないのです。そのためしばしば結婚しない人々を社会問題のように表現します。
本来でしたら、個人が独身を貫くことで幸せを得ることができると判断したのでしたら別に問題でもなんでもないのでしょう。
しかしながら、国としては若年層を生んでもらい、人口の調整を行いたいため、結婚している人々が有利になるような財政政策を行うのです。
そのため、独身の人々は国に頼らず、自分自身でマネープランについて考えていく必要があります。
このような「自己責任」という言葉で片付けられてしまうようなことは多くなってきていますので、それを批判するよりも、自分自身で道を切り開いていってみましょう。

・貯蓄や保険の重要性
自分自身を守るためのお金は一人で生きていくのでしたら、いざという時に備えて持っておくべきでしょう。
そのために貯金や保険への加入は一人で生きていく方には必要不可欠といえます。
自分が病気になり働けない期間の面倒をみてくれるのは、貯蓄や保険なのですから。
一人で生きていくための盾となり剣となり皆様を守ってくれるのが貯蓄や保険です。
そのため、常にマネープランを考える際には同時に貯蓄や保険についても考えておきましょう。

・自分の幸せを実現できるためのマネープラン
貯蓄や保険はもちろん重要なのですが、一人で生きていき自分の幸せを実現するためのお金も必要といえるでしょう。
世間での風評では、どうも独身というのは「寂しい」「結婚できなかったかわいそうなひとたち」なんて評価をされることもあります。
こんな風評に負けないようにするためにも、自分が幸せになるお金についても確保できるマネープランを考えましょう。

ひとりと決めた今から、以上のようなマネープランについて真剣に考えていきましょう。

Comments are closed.